Copyrigh©2019 Inter-Pacific Publications, Inc. All Right Reserved

楽しむ

旅行・観光

Salvation Mountain

カリフォルニア州南部の砂漠の中に存在する「サルベーション・マウンテン」は、「世界一ハッピーになれる山」などといわれ、ファッション雑誌や映画、ミュージックビデオの撮影場所としてもよく使用される話題の場所。最近では、「式とは別に美しいロケーションをバックにウェディングフォトを撮りたい」というカップルにフォトウェディングスポットしても人気沸騰中。

 

愛に溢れた空間に秘められた想い

 カリフォルニアのパームスプリングスから、およそ1時間半南下すると砂漠地帯に突然現れる「God Is Love」と力強いメッセージが書かれた山。この山は「サルベーション・マウンテン」と呼ばれ、芸術家レオナルド・ナイトさんによって神への信仰心だけではなく彼のアートへの感情が存分に表現されたもの。ナイトさんは製作中はトラックに住み、ガスも電気もない場所で生活をしながら来る日も来る日も神へ祈り続け、その愛をカラフルな色の花や木、鳥、太陽、ハートなどで表現した。

 

幸せに包まれた最高の瞬間を残そう

 作者のナイトさんが「世界が愛にあふれることを願って作った」というサルベーション・マウンテンは、フォトウェディングスポットとしても人気を集めており、どこを撮ってもフォトジェニック。カラフルでキュートなロケーションをバックに2人の幸せな姿を撮れば、一生の思い出を残すことができるだろう。「LOVE IS UNIVERSAL (愛は永遠に)」と描かれたメッセージの上で永遠の愛を誓うカップルも多いそう。ハネムーンでカリフォルニア州を訪れ、サルベーション・マウンテンまで足を伸ばし、愛に溢れた場所で大切な人と永遠の愛を語る。2人らしい瞬間を大切に切り取って思い出に残そう。

 

砂漠の街を遊びつくす

 サルベーション・マウンテンはカリフォルニア郊外の砂漠のど真ん中にあるため、車もしくはツアーで訪れるのが一般的。併せて訪れたいのが、芸術を愛する人たちが集まって形成された野外アートギャラリー「イースト・ジーザス」。ショッピングを楽しみたい方は130以上もの店舗が入るロサンゼルス近郊では最大のアウトレット「デザートヒルズ・プレミアム・アウトレット」がいいだろう。ロサンゼルス・ダウンタウンからサルベーション・マウンテンまでの道のりの周辺にはセレブ御用達のリゾート地のパームスプリングスやカリフォルニア州最大の湖ソルトン湖があり、少し寄り道をすれば様々な観光スポットを楽しめるのも魅力。この付近ではアメリカ政府によりパスポートの提示を求められることもあるので、経験のあるガイドと行くことをお勧めする。

 

 

 

Cancun

年間500万人以上の観光客が訪れるというカンクンは、カリブ海最大の観光地。大自然に囲まれたカリビアンブルーの海に沿ったホテルゾーンには、100軒を超える高級リゾートが立ち並ぶ。巨大なショッピングモールやレストランも充実し、数多くのウォーターアクティビティが用意されている。また、メキシコ南東部のユカタン半島に位置するカンクンには、マヤ文明の遺跡が数多く残り、少し足をのばせばチチェン・イッツァをはじめとする世界遺産に触れられる。食事も治安も良く、アメリカからのアクセスも便利なカンクンは、ファミリーやカップル、友達同士で楽しめる。

 

オールインクルーシブでストレスフリーなリゾートステイ

 カンクンでは「オールインクルーシブリゾート」が定番だ。宿泊代金のほかに滞在中の食事、ドリンク、アクティビティ(シュノーケル貸出など)、エンターテイメント、チップ、税金全てが含まれるため、お財布や両替のこともを気にせず夢のようなホテルステイを満喫できる。さらにキッズプログラムが充実するホテルも多く、お金のことを気にせず、のびのび滞在したいファミリーにぴったり。例えば、ビーチとエル・レイ遺跡に挟まれた大型宿泊施設の「クラウン・パラダイス・クラブ」は、ファミリーウォーターパークなど子供向けの施設やアクティビティがとにかく充実。大家族用向けに3段ベッド付きのファミリールームも用意している。また、大人向けには18歳以上限定のアダルト・オンリー・オールインクルーシブリゾートも。「ライブ・アクア・カンクン」はカンクン・ホテルゾーンでトップクラスの人気ホテルで、最高の立地条件とクールな外観、それに評判の高いダイニングサービスで優雅に過ごすことができる。コスパ重視の人にもお手頃価格でしっかりしたサービスのプランがあり、「フラミンゴ・カンクン」はホテルゾーン内の好立地でダイニング、ビーチサイドのアラカルトダイニング、プールバーと施設も充実している。

 

生物多様性の宝庫 世界的な絶景をめぐる

 カンクンには、ホテル以外にも楽しめる感動体験スポットがたくさんある。世界文化遺産チチェン・イッツァはカンクンから車で2時間ほどで行ける。近くには人気のセノーテ・イキルがあるので、同じ日に見ることもできる。セノーテとはユカタン半島特有の自然の地下水と石灰質大地が作り出した聖なる泉とも言われる地底湖で、ユカタン半島には4000から5000個点在している。シュノーケリングやダイビングで地底洞窟を潜って行くと、透明度を誇る神秘的な青いセノーテを見ることができる。そこに降り注ぐ光のシャワーの美しい景観に思わず息を飲んでしまうだろう。そして自然遺産のシアン・カーンは、エメラルドグリーンのラグーン、アクアブルーの珊瑚礁の海、マングローブの熱帯雨林など17の植生が一つに集まった自然保護区で、絶景。この他にもイルカと泳ぐツアー、ジャングルツアー、無人島への日帰りツアーなども充実しており、家族やカップルでも楽しめる様々なアクティビティが用意されている。

 

カリブ海を見下ろす絶景 マヤ文明の城壁都市、トゥルム

 マヤ文明の遺跡の中でも特に異彩を放っているのが、トゥルム遺跡。マヤ文明の遺跡のほとんどがジャングルの中にあるのに対し、このトゥルム遺跡はカリブ海の絶壁に佇んでいる。その名の通り「壁」という意味を持つトゥルムには高さ5メートル、全長約400メートルにも及ぶ強固な壁が海と平行に延びており、難攻不落の城壁要塞と謳われていたが、16世紀のスペイン軍との戦いで崩落し、文明も滅亡へと向かった。マヤ文明が滅亡し約500年が経過したトゥルム遺跡は世界遺産となり、壮大なカリブ海を見下ろせるとして毎日たくさんの人が訪れる人気スポットとなっている。遺跡の中からビーチに降りていくことができ、遺跡の観光後にそのまま海水浴を楽しむこともできる。究極の透明度を誇るグラン・セノーテの終着点となる波打ち際は美しく、遺跡の南側にあるパルマス・ビーチはユカタンで最も美しい海岸と言われている。また、トゥルム最大の建造物であるエルカスティージョ城は、都市を守るように崖の上にそびえ立ち、城の隣に建つ小さな建造物の小さな穴からは冬至の朝の6時のみ太陽の光が差し込み、まさにマヤ文明の天文学の脅威を感じることができるスポット。ホテルゾーンから車で1時間半ほどで行ける。

 

必ず訪れたい話題のリゾート地リビエラマヤ

 メキシコのリゾートといえばカンクンだが、近年はカンクン近郊のリビエラマヤも注目を集めている。リビエラマヤは街の中心地ブラヤ・デル・カルメンからトゥルム周辺まで約100キロに及ぶ海岸線地域の総称で、カンクンからは約1時間弱。代表的な港町のブラヤ・デル・カルメンは年を追うごとに賑わいを増しているホットなエリアで、おしゃれなバーやレストランが増え観光客に人気のスポットとなっている。

 

世界屈指のダイビングスポット カリブ最大の島、コスメル

 リビエラマヤは世界屈指のダイビングスポットとしても名を轟かせており、中でも沖に浮かぶコスメルは、大型クルーズが停泊するなど世界中から年間7000万人が訪れるメキシコカリブ海最大のリゾートアイランド。ダイビングでは、透明度が高くサンゴ礁に囲まれた海でエイやマダラトビなど季節ごとに異なる海の生き物と出会うことができ、初夏にはシュノーケリングでジンベエザメの大群と遭遇することもある。また、ダイビングと一緒に楽しみたい隠れスポットがチャンカナブ国立公園。ここでは、ビーチダイビングのほかにイルカと触れ合えるアトラクションがあることから家族連れに人気な場所となっている。

 

 ビーチやホテルでのんびりするもよし、世界自然遺産などを巡るもよし、離島でマリンスポーツを楽しむのもよし。カリブ海の楽園にぜひ訪れてみては。

 

 

 

Disney Cruise Line

日頃の喧騒から離れ、のんびり過ごす夢のようなクルーズの旅をディズニーのキャラクター達と一緒に楽しめるディズニー・クルーズライン。バハマクルーズ・カリブ海コースでは、ディズニーのプライベートアイランド「キャスタウェイ・ケイ」にも寄港。海を舞台に繰り広げられるディズニーのエンターテインメントで、どのテーマパークにもない、現実とイマジネーションが詰まった究極のバケーションを過ごそう。

 

大人気のバハマ諸島コース

 はじめてディズニー・クルーズラインに乗船する人には、フロリダ州ポートカナベラルとマイアミ、テキサス州のガルベストン港より出港するバハマ諸島コースをお勧めしたい。バハマ諸島のナッソーやディズニーが所有するプライベートアイランドのキャスタウェイ・ケイなど、南国の島々に寄港する(※出航日により異なる)。ポートカナベラルから出航するクルーズではフロリダのウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートとセットで旅を楽しめる。首都ナッソーは、レストランや水族館、ウォーターパーク、カジノなどが備わる統合型リゾートがあり賑わっている。キャスタウェイ・ケイは、ディズニー・クルーズラインのゲストだけが楽しむことができる楽園リゾート。世界中のクルーズ会社が所有するプライベートアイランドの中で、2018年度までの3年連続で「ベスト・クルーズライン・プライベート・アイランド」に選ばれ、カリブ海域において最高の評価を受けている。ビーチチェア、パラソル、タオルなど必要なものは全てビーチに用意されている。子ども向けのアクティビティや大人専用のセレニティ・ベイ・ビーチやビーチ・スパなども充実。挙式もできる。

 

アラスカパシフィックコーストクルーズ

 氷河を巡るアラスカパシフィックコーストクルーズは、特にベイエリア在住の人にアクセスしやすいと人気のクルーズ。バンクーバーから出航して、ドーズ氷河を船内から観光し、スキャグウェイ、ジュノー、ケチカンに寄港するコースで、ドーズ氷河までは絶壁のフィヨルドが続くエンディコットアームの大自然を楽しめる。アラスカの大自然とディズニーのエンターテインメントの両方を味わえるこのコースでは、野生の白頭ワシ、熊、ラッコ、クジラなどの野生動物も見ることができ、大自然の驚異を満喫することができる。期間限定クルーズ(毎年5月下旬~9月上旬頃)のため、特に人気が集中するコース。

      サンディエゴやニューオリンズから出航

船の上の極上バカンス

 サンディエゴからは、2017年よりディズニー・ワンダーが期間限定で出航。2019年は3〜5月、10〜11月、2020年は3〜4月の出航が決定している。カリフォルニアのバハマやパナマ運河、メキシカンリビエラへ就航する同航路は、美しいビーチと自然を持つメキシコのカボサンルカスとエンセナダに寄港する。スノーケルやスキューバダイビングなどウォーターアクティビティを存分に楽しめる。さらに2020年には、バハマ諸島コースと西カリブ海コースに、『プリンセスと魔法のキス』の舞台であるルイジアナ州ニューオーリンズが新たに出航地として加わるほか、待望のハワイコースが戻ってくる。

 

ホリデークルーズでマジカルな体験を

 1年を通して1番人気があるのは、ハロウィンやサンクスギビング、クリスマス、カウントダウンなどの特別イベントが行われるホリデークルーズ。キャラクターがレアな衣装に身を包み、ホリデーならではの装飾が施された船内で普段のクルーズでは味わえない雰囲気を楽しめる。「最初で最後の体験を」と訪れる参加者が、結局リピーターとしてまた戻ってくるという噂の「カウントダウンクルーズ」では、ニューイヤー用の帽子、カチューシャ、スペシャルグラスでシャンパンも振る舞われ、船上の花火やショーなどの演出は、感動を誘う。そのほか、今年はスクリーンデビュー90周年を迎えるミッキーマウスをテーマにしたアトラクションやエンターテイメントショーがUSディズニーの様々なロケーションでオープンし、クルーズではディズニー・ファンタジーで新しいデッキパーティ「ミッキー&ミニーのサプライズ・パーティ・アット・シー」が開催される。さらに毎年人気を博しているスター・ウォーズやマーベルを題材にしたイベントも特定の航路で開催。人気クルーズはすぐに満室になるので、早めの予約がお勧め。

 

 

 

 

Taiwan

国土面積は小さいが豊かな自然と文化に恵まれている台湾(中華民国)。九州ほどの大きさに、プレートの絶え間ない移動による複雑な地形からもたらされた高山、丘陵、平原、盆地、離島、峡谷、海岸など変化に富んだ自然景観を楽しめる。漢民族文明と先住民族の文化が融合し、多面的な魅力をもつ。かつて日本の植民地でありながら、日本人に親しみ深く接してくれる人が多い親日国でもある。アジアの秘めた宝石と言われる、美食グルメやお茶文化、ナイトマーケット、古城、温泉巡りまで見どころが満載。

 

いい旅にかかせない「食」世界が注目のグルメ王国

 台湾の「食」は、台湾料理、客家料理、湖南料理、四川料理、日本料理、韓国料理、台湾の屋台料理、地方料理などバラエティー豊富で、世界から「グルメ王国」として注目されている。夜市(ナイトマーケット)に並ぶ屋台で売られる「小吃」(一品料理)を食べ歩けばお腹も満たされ、楽しい旅の第一歩となるだろう。麺類では牛肉麺(ニョーローミェン)が台湾のラーメンのようなもので人気が高く、食べ物屋さんでは、ほとんどどこでも牛肉麺がメニューにある。台湾グルメといえば、やっぱり小籠包(シャオロンバオ)は外せない。薄い皮の中に旨味が凝縮した肉汁がたっぷり入った点心の一つで、中のスープをこぼさないで食べるのがポイント。また、台南で発祥して後に台湾全国に広まった担仔麺は、小ぶりの碗にゆでた油麺とモヤシをいれてスープをかけ、さらに豚のそぼろ肉と海老、香菜、ニンニクソースなどをのせた料理。芒果冰(マングオニュオナイピン)という台湾のカキ氷は、緑豆、アズキ、タピオカ、タロイモ、ピーナッツなどユニークなトッピングにさらにシロップをかけて頂く。マンゴーやイチゴなど季節の果物をベースにしたカキ氷や、凍らせた牛乳で作るかき氷「雪花冰」などバラエティーが豊か。

 

活気あふれる台北 経済・政治・文化の中心

 台湾最大の都市である台北市は、経済、政治、文化の中心地で、活気にあふれる街。モダンと伝統が融合するコントラストが印象的で、一度訪れれば思い出の場所になること間違いなしのアジアでベストな観光スポットの一つだ。地上101階建てのビル「TAIPEI 101」は国内建築史上最大の建築プロジェクトで、8階までを構造上の1ユニットとし、それらが重なり合って全体が造り上げられている。外観が躍動感に溢れる高層ビルの新スタイルで、分速1010mのスピードで標高382mの89階の展望台まで上がることができる。展望台では全方位の絶景が楽しめるほか、重さ660トンと世界最大・最重量のウィンドダンパー(強風を受けた時の建物の揺れを軽減する装置)を見ることができる。また超高倍率の望遠鏡、ギフトショップ、さらに日本語・英語の無料音声ガイドも利用できる。TAIPEI 101モールは台湾随一の国際ショッピングモールで、ニューヨークの「五番街」、パリの「シャンゼリゼ通り」などに並ぶ高級ブランドはもちろん、若者に人気のカジュアルブランドも多く出店。フードコートには台湾料理の店からインド、韓国料理、回転寿司や焼肉、ラーメンといった日本食、デザートなど30軒あまりの店舗が並ぶ。

 

かつての金の町 アニメでも話題の九份

 台北から車で1時間ほどで、連日多くの観光客が詰めかける人気で、映画『千と千尋の神隠し』(2001年)に登場する湯屋を彷彿とさせる建物が話題になった町、九份(キュウフン)がある。九份ならではの茶屋に立ち寄って、おいしいお茶を飲みながら、基隆沖の美しい海を眺めるのがオススメ。名物の芋円、蕃薯円(タロ芋やさつまいもで作った団子)や、現地のB級グルメを味わったり、細い路地の階段に沿って建つ古い館や、提灯が灯る風景を眺めながら散策するのもノスタルジックな雰囲気が感じられて楽しい。宿泊施設も整っているたので、時間に余裕があるなら自分好みの旅館を探し、美しい夜空と風景にゆっくり浸ってみては。