Copyrigh©2018 Inter-Pacific Publications, Inc. All Right Reserved

中川 聖悟

Shogo Nakagawa

Profile

1995年生まれ。愛知県名古屋市出身。高校卒業後に渡米し、ポートランドのコミュニティカレッジに入学し国際政治学を専攻する。カレッジを卒業後、2017年にベイエリアに移住。サンフランシスコ日系メディアの週刊ベイスポでインターンをする。第10回ベイスポ杯野球大会では、ベストスラッガー賞を受賞した経験もある。趣味は、スポーツ観戦、体を鍛えること、ウィキペディアを読むこと。

 

世界に飛び出して

アグレッシブにチャレンジを

 

大学での専攻、学校生活について

 オレゴン州のカレッジに1年半通い、国際政治学を専攻していました。在学中は生徒会の代表を務め、オレゴン州政府と大学間のパイプ役として予算の決定や、学内の留学生の雇用機会拡大になどに携わっていました。今年の秋から4年制の大学へ編入します。

 

ベイエリアに住むことになったきっかけ

 ポートランド在住時に雨季が長すぎたことと、元々暖かい場所が好きなので、「だったらカリフォルニアだな」と決めてOPTの取得と同時にベイエリアへ移住しました。

 

英語は得意?

 得意かどうかは何とも言えませんが、アメリカで生活をする上で問題ないレベルには達したのかなと思っています。初めてアメリカに渡米してきたころは英語力が全くない状態だったので、4年前と比べると少しは自信が持てるようになりました。

 

英語力向上のための秘訣

 モノマネをすることです。Youtubeで好きな俳優のトークショーやスポーツ選手のインタビューを観ながら、その人の話し方をそっくりそのまま真似をして発音の改善に役立てました。単語やフレーズは、覚えるまで意識して実際の会話の中で使うようにして英語力の向上に努めました。歌を覚える感覚に似ていると思います。

 

休日の過ごし方

 ジムにいったり、サニーベールのチームで草野球をしたり、アメフトの試合を観たり、友達と会ったりと毎週一生懸命遊びます。「Work Hard, Play Harder」が自分のモットーです。

 

食生活について

 平日は基本1日1食なので、お昼に好きなものを食べます。自炊をする日もあれば、外食をする日もあります。休日は近所にある、「Tanto」などの日本食レストランをよく利用します。メニューが豊富なのでおススメです。

 

ずっとベイエリアに住みたい?

 ご飯も美味しく、ポートランドやSoCal、ラスベガスへのアクセスも良いので住みやすい場所だと思いますが、渋滞がひどいので長期間住めるかどうかは疑問です。暖かいところに移住したいと思いベイエリアに越して来ましたが、想像していたよりも寒くて雨も降るので、さらに暖かいところに住めればいいなと思っています。

 

老後もベイエリアに住みたい?

 暖かくて海が近い場所に住めればと思っていますが、いつ死ぬか分からないので老後のことはこれまであまり考えたことありません。1日1日を全力で生きるだけです。

 

習い事・趣味

 小さい頃から高校まで、野球、水泳、スキーなど様々なスポーツに親しんでいた名残で、今でも野球、NBA、アメフトなど、スポーツ観戦が大好きです。特に、秋のフットボールシーズンに入ると土曜はカレッジ、日曜はNFLと、週末はビールを片手に1日中試合を観ていることもありますし、実際にスタジアムに足を運ぶこともあります。ただ、メジャーリーグではヤンキース、NFLではサンフランシスコ49ersのライバルチームであるシアトルシーホークスのファンなので、ベイエリアでは常に肩身が狭いですが…。もう一つ、趣味と言っていいのかわかりませんが、ウィキペディアを読むことが好きです。家にこもってひたすらウィキペディアで知らないことを調べたりして新しい知識を蓄えています。

 

アメリカ、ベイエリアに来て

興味を持ったこと

 コーヒーです。サンフランシスコも、以前住んでいたポートランドもコーヒーが盛んな都市なので、時間を見つけては新しいカフェを発掘して美味しいコーヒーをいただいています。

 

アメリカ生活が長くなったな・・と思う時

 日本に帰ったときに周りの人がくしゃみをしたら「Bless You」と言ってしまうこと。日本に住む友人に「その思考は完全にアメリカ人だよ」と言われたりと色々な面で長くなったと感じるときがあります。

 

いま一番チャレンジングなこと

 たったの4年半のアメリカ生活で、世界の全てを知ったような感覚にとらわれてしまっていたことに恥ずかしながら最近やっと気がつくことができました。もう1度自分を見つめ直すために、9月の大学編入までのたった100日弱ですが世界を旅します。全く異なる世界に飛び込むので、チャレンジになりそうです。

 

2018年の展望

 世界を旅することから始まり、次に大学への編入など、さまざまなイベントが控えている2018年なので、とても興奮しています。パワフルに、そしてアグレッシブに活動して、将来に繋がる1年にします!