Copyrigh©2019 Inter-Pacific Publications, Inc. All Right Reserved

日系企業のさらなる発展を

全力でサポート

Pasona N.A. Inc

Business Development Representative

浅野素子さん

●家:4階建て一軒家、5BR 4BA

●趣味:ダンス

 (クラシックバレエからラテンダンスまで)

●休日の過ごし方:ダンスのクラス、ハイキング、旅行など

1994年4月19日生まれ。東京都出身。アメリカ(ノースカロライナ州)の4年制大学でマーケティングと心理学のダブルメジャーを専攻。人がモノを買う時にどのような心理が動いているのかなどを学んだ。卒業後、パソナに入社し2017年9月にベイエリアに移住。現在はパソナのBusiness Development Representativeとして、日系企業のさまざまな業務をサポートしている。サンノゼ在住。

 

現在の仕事について

 私のミッションは、アメリカで活躍されている日系企業が、さらなる飛躍を遂げるようにサポートすることです。それは時には人材紹介であったり、時にはアメリカの法律やルールをお伝えしたり、時には円滑なオペレーションが回るように業務を委託していただいたり。現地社員のマネージの仕方が分からない、採用に困っている、そんなお悩みある方いらっしゃいましたら、いつでもご相談ください!

 

大学での専攻、学校生活について

 マーケティングと心理学のダブルメジャーで、人がモノを買う時にどのような心理が動いているのかを勉強していました。ノースカロライナ州の私立大学に進学したのですが、アジア人が私1人だったので、どこへ行ってもみんなに覚えてもらえる特別な思いをしました。感謝祭には大きなターキー、クリスマスには大きなもみの木とプレゼントの山々、イースターには卵狩りなど、カリフォルニア州ではあまり経験の出来ない大変典型的なアメリカ生活を経験しました。奨学金が学校から出ていたので、平日は図書館にいることが多かったのですが、週末は近くの大きなFarmers Marketで買ってきた具材で友人と料理をしたり、地元のクラフトビールやコーヒー巡りをしました。週末もお店やレストランが閉まるのが11時と早くそれだけが残念でしたが、ノースカロライナではいい思い出しかなく、一生の友達にも出会えたので、今では私の第二の故郷です。

 

ベイエリアに住むことになったきっかけは?

 お仕事です。大学卒業後、ノースカロライナ州での就職も考えたのですが、あまり良いキャリアパスを見つけられませんでした。優秀な人はこぞって他州に引っ越し、良いopportunityを探していたので、何処か「新しいことが起こっているところ」に行かなくてはと考えていた時に、パソナから声がかかりました。入社が決まった後、東海岸から西海岸へ引越しをし、自分自身が仕事に打ち込める環境をつくりました。

 

英語は得意?

 日本人が居ないところで4年間過ごしたことはとてもプラスになったと思います。田舎に住むアジア人一人だったので、よくカリフォルニア州の人には、いじめに合わなかった? と聞かれるのですが、全く嫌な思いをしたことがありませんでした。言語は言葉だけでなく、身振り素振り、文化を理解して初めてその土地に慣れると思うので、大学に入った時は必至で友達の話す単語や、話し方、手振り、アクセントを見て真似ていました。

 

習い事・趣味

 3歳から高校1年生までクラシックバレエをやっていたので、踊ることがとても好きです。今はラテンダンスにはまっていて、Zumba, Salsa, Cuban salsaのクラスをよく受けています。バレエはダンスの基本なので、比較的どんなダンスも習得し易いのですが、ラテンダンスだけは動きが独特で、練習しても上達しないもどかしさに魅了され夢中になっています。

 

食生活について

 ベイエリアの良いところは、さまざまな国の食事が楽しめて、値段の幅も広いところだと思います。ただ物価は高い! ので、毎週日曜日にまとめて1週間分のお弁当を作って、会社に持参しています。一度カレーライスを作った時は、一週間毎日カレーを食べなくてはいけなかったので、水曜日くらいからカレーを見ると気持ち悪くなったことがあります笑。今は味が濃くない、薄味でシンプルなお弁当を作るようにしています。

 

アメリカ生活が長くなったな‥と思う時

 生ビールに泡が無い方が美味しいと感じるようになりました。

 

ずっとベイエリアに住みたい?

 ベイエリアでとても良い同僚、友人に囲まれて生活をしているので、この恵まれた環境をくれたベイエリアにはとても感謝をしています。ただ、ここ5年毎年引越しをしているので、それに慣れてしまったのか、1つの場所で留まることが出来ない性格のようです。新しい土地や文化への好奇心はたくさんあるので、ここが最終目的地ではないと思います。

 

日系企業のさらなる発展を

全力でサポート

Pasona N.A. Inc

Business Development Representative

浅野素子さん

●家:4階建て一軒家、5BR 4BA

●趣味:ダンス

 (クラシックバレエからラテンダンスまで)

●休日の過ごし方:ダンスのクラス、ハイキング、旅行など

1994年4月19日生まれ。東京都出身。アメリカ(ノースカロライナ州)の4年制大学でマーケティングと心理学のダブルメジャーを専攻。人がモノを買う時にどのような心理が動いているのかなどを学んだ。卒業後、パソナに入社し2017年9月にベイエリアに移住。現在はパソナのBusiness Development Representativeとして、日系企業のさまざまな業務をサポートしている。サンノゼ在住。

 

現在の仕事について

 私のミッションは、アメリカで活躍されている日系企業が、さらなる飛躍を遂げるようにサポートすることです。それは時には人材紹介であったり、時にはアメリカの法律やルールをお伝えしたり、時には円滑なオペレーションが回るように業務を委託していただいたり。現地社員のマネージの仕方が分からない、採用に困っている、そんなお悩みある方いらっしゃいましたら、いつでもご相談ください!

 

大学での専攻、学校生活について

 マーケティングと心理学のダブルメジャーで、人がモノを買う時にどのような心理が動いているのかを勉強していました。ノースカロライナ州の私立大学に進学したのですが、アジア人が私1人だったので、どこへ行ってもみんなに覚えてもらえる特別な思いをしました。感謝祭には大きなターキー、クリスマスには大きなもみの木とプレゼントの山々、イースターには卵狩りなど、カリフォルニア州ではあまり経験の出来ない大変典型的なアメリカ生活を経験しました。奨学金が学校から出ていたので、平日は図書館にいることが多かったのですが、週末は近くの大きなFarmers Marketで買ってきた具材で友人と料理をしたり、地元のクラフトビールやコーヒー巡りをしました。週末もお店やレストランが閉まるのが11時と早くそれだけが残念でしたが、ノースカロライナではいい思い出しかなく、一生の友達にも出会えたので、今では私の第二の故郷です。

 

ベイエリアに住むことになったきっかけは?

 お仕事です。大学卒業後、ノースカロライナ州での就職も考えたのですが、あまり良いキャリアパスを見つけられませんでした。優秀な人はこぞって他州に引っ越し、良いopportunityを探していたので、何処か「新しいことが起こっているところ」に行かなくてはと考えていた時に、パソナから声がかかりました。入社が決まった後、東海岸から西海岸へ引越しをし、自分自身が仕事に打ち込める環境をつくりました。

 

英語は得意?

 日本人が居ないところで4年間過ごしたことはとてもプラスになったと思います。田舎に住むアジア人一人だったので、よくカリフォルニア州の人には、いじめに合わなかった? と聞かれるのですが、全く嫌な思いをしたことがありませんでした。言語は言葉だけでなく、身振り素振り、文化を理解して初めてその土地に慣れると思うので、大学に入った時は必至で友達の話す単語や、話し方、手振り、アクセントを見て真似ていました。

 

習い事・趣味

 3歳から高校1年生までクラシックバレエをやっていたので、踊ることがとても好きです。今はラテンダンスにはまっていて、Zumba, Salsa, Cuban salsaのクラスをよく受けています。バレエはダンスの基本なので、比較的どんなダンスも習得し易いのですが、ラテンダンスだけは動きが独特で、練習しても上達しないもどかしさに魅了され夢中になっています。

 

食生活について

 ベイエリアの良いところは、さまざまな国の食事が楽しめて、値段の幅も広いところだと思います。ただ物価は高い! ので、毎週日曜日にまとめて1週間分のお弁当を作って、会社に持参しています。一度カレーライスを作った時は、一週間毎日カレーを食べなくてはいけなかったので、水曜日くらいからカレーを見ると気持ち悪くなったことがあります笑。今は味が濃くない、薄味でシンプルなお弁当を作るようにしています。

 

アメリカ生活が長くなったな‥と思う時

 生ビールに泡が無い方が美味しいと感じるようになりました。

 

ずっとベイエリアに住みたい?

 ベイエリアでとても良い同僚、友人に囲まれて生活をしているので、この恵まれた環境をくれたベイエリアにはとても感謝をしています。ただ、ここ5年毎年引越しをしているので、それに慣れてしまったのか、1つの場所で留まることが出来ない性格のようです。新しい土地や文化への好奇心はたくさんあるので、ここが最終目的地ではないと思います。