新しいものが生まれる環境で

トップレベルの本場で戦う

 

学生

遠藤 太朗さん

●住まい:台湾人の家でホームステイ

●家族:父、母

●車:トヨタのプリウス2005年

1995年4月13日生まれ。東京都出身。中学からアメフトを始め、高校卒業後に単身渡米。2年間クパチーノのDe Anza Collegeに通い、3年次からUCバークレーに転校。現在、同大学社会学専攻の4年生(5月卒業予定)で、日本人初のアメフト選手として活動中。エルサリート市在住。

 

大学での専攻、学生生活について

 学校生活については、アメフトと授業がほとんどです。平日は朝の6時から1時間ウェイトトレーニングがあり、朝食を済ませて9時からの授業に出ます。お昼すぎに授業がすべて終わり、ランチを食べて14時半からチームのミーティング、16時から18時半に練習があり、チームメイトと夕食を食べます。クラスの課題がある日はそのあとライブラリーなどで勉強しますが、ない場合は21時前には家に帰ります。土曜日が試合で、日曜日が一日オフという生活です。8-12月のシーズン中はこのような生活で、1-5月のオフシーズンはアメフトの時間がもう少し減り、自由時間が増えます。

 

ベイエリアに住むことになったきっかけ

 中学からアメフトを始め、本場のトップレベルで戦いたいという思いから高校卒業後単身渡米しました。留学生活にベイエリアを選んだ理由は3つあります。一つ目はスポーツをするのに気候のいいカリフォルニアはとても魅力的であったため。二つ目は日本食が手に入りやすいこと。三つ目はシリコンバレーがあり常に新しいものが生まれている環境の中で生活してみたいという思いがあったからです。

 

英語は得意?

 英語は昔から好きだったので勉強は真面目にやっていましたが、会話はほとんどこちらにきてから学びました。留学生活のほとんどをアメフト部のチームメイトと過ごしているため、英語が時折アフリカン・アメリカン訛りになっていると指摘を受けます。

 

英語力向上のため秘訣

 英語力向上のために意識していることは、とにかく口に出してみることです。発音や文法の正誤に自信がなくてもとりあえず言ってみることがまずは大事かなと思います。

 

食生活について

 サンノゼに住んでいた頃は休日は友達とサウスベイの日本食を食べに行ってました。現在はバークレーやオークランド、サンフランシスコの美味しいお店を探して食べに行きます。おすすめはKahoo Ramen、Chikara(Santa Clara)、Kokko(San Mateo)、Kiraku(Berkeley)、Kansai Sushi(Oakland)。現在は、Cal Football(バークレーのアメフト部)が選手の食事はすべてサポートしてくれているので栄養管理されたものを食べています。自炊はほとんどしません。オフにたまに日本食レストラン(Kiraku、Musashi)に行きます。

 

趣味

 映画鑑賞や、邦楽洋楽問わずヒップホップなどの音楽を聴くことです。個人的に好きな映画はバニラスカイ、音楽はJon Bellion, Hoodie Allen。またシーズン中は時間がないので出来ないですが、オフシーズンはゴルフやハイクに行きます。

 

アメリカ、ベイエリアにきて興味を持ったこと

 ゴルフ。カリフォルニアの空の下で日本より安い価格でレンジやコースが使用でき、始めました。

 

お勧めのベイエリアのイベント

 毎年5月にあるベイエリア運動会とその打ち上げのBBQです。色々な年齢層、バックグラウンドの人達とお話できるだけでなく、運動会を通して仲良くなれるいい機会です。

 

ベイエリアのお気に入りのスポット

 I-280をSaratogaで降りたミツワ(サンノゼ店)付近です。理由は、アジア系のお店やカフェがたくさんありのんびりできるから。

 

2019の展望

 無事大学を卒業することと、新社会人としていいスタートをきることです。

Copyrigh©2019 Inter-Pacific Publications, Inc. All Right Reserved

新しいものが生まれる環境で

トップレベルの本場で戦う

 

学生

遠藤 太朗さん

●住まい:台湾人の家でホームステイ

●家族:父、母

●車:トヨタのプリウス2005年

1995年4月13日生まれ。東京都出身。中学からアメフトを始め、高校卒業後に単身渡米。2年間クパチーノのDe Anza Collegeに通い、3年次からUCバークレーに転校。現在、同大学社会学専攻の4年生(5月卒業予定)で、日本人初のアメフト選手として活動中。エルサリート市在住。

 

大学での専攻、学生生活について

 学校生活については、アメフトと授業がほとんどです。平日は朝の6時から1時間ウェイトトレーニングがあり、朝食を済ませて9時からの授業に出ます。お昼すぎに授業がすべて終わり、ランチを食べて14時半からチームのミーティング、16時から18時半に練習があり、チームメイトと夕食を食べます。クラスの課題がある日はそのあとライブラリーなどで勉強しますが、ない場合は21時前には家に帰ります。土曜日が試合で、日曜日が一日オフという生活です。8-12月のシーズン中はこのような生活で、1-5月のオフシーズンはアメフトの時間がもう少し減り、自由時間が増えます。

 

ベイエリアに住むことになったきっかけ

 中学からアメフトを始め、本場のトップレベルで戦いたいという思いから高校卒業後単身渡米しました。留学生活にベイエリアを選んだ理由は3つあります。一つ目はスポーツをするのに気候のいいカリフォルニアはとても魅力的であったため。二つ目は日本食が手に入りやすいこと。三つ目はシリコンバレーがあり常に新しいものが生まれている環境の中で生活してみたいという思いがあったからです。

 

英語は得意?

 英語は昔から好きだったので勉強は真面目にやっていましたが、会話はほとんどこちらにきてから学びました。留学生活のほとんどをアメフト部のチームメイトと過ごしているため、英語が時折アフリカン・アメリカン訛りになっていると指摘を受けます。

 

英語力向上のため秘訣

 英語力向上のために意識していることは、とにかく口に出してみることです。発音や文法の正誤に自信がなくてもとりあえず言ってみることがまずは大事かなと思います。

 

食生活について

 サンノゼに住んでいた頃は休日は友達とサウスベイの日本食を食べに行ってました。現在はバークレーやオークランド、サンフランシスコの美味しいお店を探して食べに行きます。おすすめはKahoo Ramen、Chikara(Santa Clara)、Kokko(San Mateo)、Kiraku(Berkeley)、Kansai Sushi(Oakland)。現在は、Cal Football(バークレーのアメフト部)が選手の食事はすべてサポートしてくれているので栄養管理されたものを食べています。自炊はほとんどしません。オフにたまに日本食レストラン(Kiraku、Musashi)に行きます。

 

趣味

 映画鑑賞や、邦楽洋楽問わずヒップホップなどの音楽を聴くことです。個人的に好きな映画はバニラスカイ、音楽はJon Bellion, Hoodie Allen。またシーズン中は時間がないので出来ないですが、オフシーズンはゴルフやハイクに行きます。

 

アメリカ、ベイエリアにきて興味を持ったこと

 ゴルフ。カリフォルニアの空の下で日本より安い価格でレンジやコースが使用でき、始めました。

 

お勧めのベイエリアのイベント

 毎年5月にあるベイエリア運動会とその打ち上げのBBQです。色々な年齢層、バックグラウンドの人達とお話できるだけでなく、運動会を通して仲良くなれるいい機会です。

 

ベイエリアのお気に入りのスポット

 I-280をSaratogaで降りたミツワ(サンノゼ店)付近です。理由は、アジア系のお店やカフェがたくさんありのんびりできるから。

 

2019の展望

 無事大学を卒業することと、新社会人としていいスタートをきることです。