Copyrigh©2018 Inter-Pacific Publications, Inc. All Right Reserved

小野里 晃

President/CEO

週刊BaySpo/eじゃん

LOGSTAR

BE BLUE VENTURES

 昨年、ロンドンブーツ1号2号の田村淳さんと一緒に会社を設立しました!

 

 2016年の夏、淳さんがはじめてシリコンバレーに来た時、シリコンバレーで活躍する日本人起業家、投資家、ビジネスマン、現地で活躍している方々と交流しました。彼らの取り組みや考え方に感銘を受けた淳さんは「すげー!」を連発していました。出勤時間は自由。好きな時に食事を摂り、会社に家族を連れて来るのも自由。ただし、結果さえ残せば。日本に息苦しさを感じ始めていた淳さんは、こちらでの働き方がとても新鮮で、「自分と異なる分野の人とどんどん触れ合うことで自分の感性が豊かになり、会社もより豊かになっていく」という考え方に、「完全に世界観が変わった」そうです。

 

 そんなことで、2016年のシリコンバレーツアーが終了した後に麻布十番にある「Brasserie Tomo」(以前、在サンフランシスコ日本国総領事館で料理長を務めていた奥田寛成さんのお店)でふたりで食事をしました。淳さんは、料理が運ばれてくるごとに「ありがとうございます。いただきます」と手を合わせ、料理とワインを楽しみながらいろいろな話をしました。そして決定したことが2つ。2017年にもう一度シリコンバレーに行くということ。そして一緒にカリフォルニアで会社を立ち上げるということでした。

 

「小野里さんは、なんで俺なんかと一緒に会社をやりたいんですか?」

「!?」

当たり前すぎる理由を聞かれ、僕は驚きました。

「そんなの決まってるじゃないですか。おもしろそうだから! 田村淳と一緒に仕事ができるんですよ? そりゃやりますよ!」

 

 こうして2017年11月に新会社、Be Blue Ventures(BBV)をカリフォルニアで設立しました。ほかのメンバーは、普段から日米でいろいろな相談に乗ってくれている友人たちです。荒井三之進さん、伊佐山元さん、菅谷恒三郎さん、長岡宏一さん、永守秀章さん、鳩山玲人さん(50音順・敬称略)

 

 社名は、「パイを取り合うようなビジネスではなく、広大なBlue Oceanを舞台に活動していこう!」という意味を込めています。会社の主業務は3つ。①新規事業開発、②ベンチャー投資、③企業コンサルティングとは言っていますが、範囲を特定せず、おもしろいことにはどんどんチャレンジしていきたいと思っています。

 

まだまだ日本人や日本の企業が

シリコンバレーを活用できることは多いはず。

 

BBVも、eじゃん2018もよろしくお願いします!

 

Akira Onozato