ベ  イ  エ  リ  ア  生  活  必  須  読  本

サンフランシスコ・シリコンバレー・イーストベイ・サクラメント

ベイエリアの気候

ベイエリアは年間を通して季節ごとの気温差は日本に比べ少ない。夏は涼しく平均気温は15℃前後で、最高でも18℃前後(平均最高気温20℃前後)。冬は最低8℃程度と暖かいが、夜はかなり冷え込み、平均気温は11℃前後。ほとんど雨は降らないが、11月〜3月は比較的雨が多く、朝夕に霧が発生しやすい地域もある。

 

日本との時差

日本との時差はマイナス17時間、3月第2日曜日〜11月第1週日曜日(Daylight Saving Time) は16時間。

 

▶ベイエリア10のカウンティ(アラメダ、コントラコスタ、マリン、ナパ、サンフランシスコ、サンマテオ、サンタクララ、ソラノ、ソノマ、サクラメント)の人口904万人、サンフランシスコ市は852,469人。

(国勢調査2015年 www.census.gov

 

ジャパンタウン周辺

第2次大戦後に日系人が築き上げた町で、日系書店や日系グロッサリーをはじめ、数多くの日本食レストランもこのエリアにある。お洒落なお店が建ち並ぶフィルモア・ストリートも隣接しておりショッピングにも便利。

 

ノブヒル

ユニオンスクエアから北西一帯に広がるノブヒルは、歴史的なアパートが建ち並ぶ若年層に人気のエリアだ。交通の便が良く、またショッピングエリアに近いことなどから、数多くの日本人学生もこのエリアに住んでいる。

 

サウス・オブ・マーケット

近年、大規模な再開発が行われ発展を遂げた地区。斬新なデザインのロフトやコンドミニアムが建ち並ぶ、サンフランシスコの中でも最も人気なエリアのひとつ。当然アパートなどの家賃も高く、コンドミニアムの購入では$1ミリオンを超える。SFジャイアンツの本拠地AT&Tパークもある。

リッチモンド

ジャパンタウンから西に広がるゴールデンゲート・パーク以北のエリア。アジア系の住民も多く住み、第2の中華街と呼ばれているクレメント・ストリートもこの地区にある。近年の不動産市場の高騰によりアパートの家賃もかなり上昇している。

サンセット

ゴールデンゲート・パーク以南に位置する中国系移民が多く住む地区。アービング・ストリートやノリエガ・ストリートには中国系の商店が多く、日系食品を取り揃えるマーケットも多い。サンフランシスコの日本語補習学校もこの地区にある。また、霧が頻繁に発生するエリアでもある。

ノバト

サンフランシスコから約29マイル北、マリンカウンティ最北端に位置する。自然が多く、人口の少ないノバトは、Olompali State Parkをはじめハイキングやサイクリングなどアウトドアのアクティビティが楽しめるのも魅力のひとつ。

 

サンラファエル

サウサリートから101号線を約10マイル北上するとサンラファエルがある。ダウンタウンには、ランドマークともいえるSaint Raphael Churchが建ち、その周辺にレストランやショップなどが数多く点在している。サンラファエル市の西側の隣町サンアンセルモのダウンタウンも趣きのある街並みでのんびり過ごすことができる。

 

ミルバレー

サンフランシスコからゴールデンゲートブリッジを渡り14マイルほど北上するとミルバレーがある。タマルパイス山の麓にある町で山の中腹や海沿いにはミリオンダラーの家々が立ち並ぶ。タマルパイス山を頂上まで登ると、サンフランシスコベイエリアが一望できる。また、テネシーバレートレイルと呼ばれるハイキングコースも、太平洋の大海原を一望できることで人気。

 

サウサリート

サンフランシスコからゴールデンゲートブリッジを渡ってすぐにあるのがサウサリート。ウォーターフロントのお洒落な街並みには、ハウスボートと呼ばれる海上ハウスが建ち並ぶコミュニティも存在し、優雅な時間が流れている。サンフランシスコからのアクセスは車以外にも、フィッシャーマンズワーフやフェリービルディングからのフェリーも運航されている。アーティスティックな街としても知られるサウサリートには、ダウンタウンを中心にアーティスト・スタジオも点在しており、ギャラリーでの展示会も頻繁に行われている。

デイリーシティ

サンフランシスコ半島の中ほどに位置し、すぐ北にサンフランシスコ市がある。ウエストレイクやセラモンテ地区には大型のショッピングセンターがあり便利。また、サンフランシスコ市との市境にはいくつかのゴルフコースもある。サンフランシスコ中心地とサンフランシスコ国際空港のちょうど中間地点に位置し、BARTによる交通も便利。

 

サンマテオ

サンマテオ郡では2番目に人口が多い町。交通の便は至ってよく、町も管理され手入れが行き届いている。多くの日本食レストランがあり、賑わっている。日系スーパーや日系ビデオショップなども充実しており隣接するフォスターシティとともに日本人にとっては住みやすい町のひとつ。

 

フォスターシティ

サンマテオの南東に位置するフォスターシティは湾に面しており、町の中にも湾が入り込んでいる水の町。サンマテオ郡南部からシリコンバレーにかけて所在するIT企業の従業員や日系企業の駐在員が多く在住するベイエリアの高級住宅街である。近くのレッドウッドショアズには、オラクルの本社もある。

 

アサートン / ウッドサイド

スタンフォード大学の西に位置する高級住宅街アサートンとアサートンの北に位置するウッドサイド。両市ともベイエリア高級住宅街のひとつ。木々がうっそうと生い茂り、通りから表玄関まで見えない家が多い。住民の年齢層は高い。ウッドサイドは森林や野原が多く、春になるとワイルドフラワーが咲きみだれる野原もある。

 

パロアルト / スタンフォード

サンタクララ郡にある都市。スタンフォード大学が隣接しており、ヒューレット・パッカード社をはじめ、複数のIT企業の本拠地である。治安も良く生活水準が高い。高度な教育を受けた人や研究者、企業のトップなども多く住んでおり、国際色豊かである。大きな家電量販店などもある。

マウンテンビュー

パロアルトの南に位置するマウンテンビューは通称シリコンバレーの中心である3都市のひとつ。アパートの数が一戸建てを上回る唯一の町。ここにはGoogleの本社があり、ドットコム系の会社もたくさんある。ダウンタウンに無料のWiFiネットワークが網羅されているのが特徴。日系スーパーもあり便利。また日本食のほかに中華料理、インド料理、ベトナム料理とアジア系のレストランが充実している。

 

ロスアルトス

パロアルトの南西に隣接。カリフォルニア州では犯罪率が最も低い町のひとつ。レッドウッド(アメリカ杉)や松などが通りを埋め尽くしている。山側に行くと高級住宅が建ち並ぶロスアルトス・ヒルズがある。

 

クパチーノ / サニーベール

ロスアルトスの南に隣接するクパチーノ。そのクパチーノの南東に広がるサンタクララ郡で2番目に人口が多いサニーベール。ともにシリコンバレーの中心都市。クパチーノにはアップル本社をはじめ、シマンテック本社があり、サニーベールにはヤフー本社、ADM社がある。日本人駐在員の家族も多く住んでおり、日本食レストランが比較的多い。両市とも生活環境がよく、教育水準が高いことで有名。

 

サンタクララ

サンタクララは、サンフランシスコから南に約70キロに位置し、サンノゼの北に広がる人口約11万人の都市。北側はオフィス街で、インテルなどのハイテク関連の企業が数多く存在する。南側は住宅地で、人気のショッピングモール「バリーフェア」もある。人口の3割はアジア系のため、アジア系のマーケットや学校も数多く存在する。2014年にNFLフットボールチーム「サンフランシスコ49ers」がサンタクララに本拠地を移した。

 

サンノゼ

サンノゼはシリコンバレーで最も大きな都市で、半導体やコンピュータ関連の産業が集積するシリコンバレーの中心。カリフォルニアではロサンゼルス、サンディエゴに次いで3番目に人口が多く、全米でも10番目。ダウンタウンにはミュージアムや大きな図書館があり、現存するアメリカ最古の日本町も有名。ダウンタウンの北西約3キロの位置には、ノーマン・Y・ミネタ・サンノゼ国際空港もある。

 

サラトガ

サンノゼから車で約20分。シリコンバレーの端に位置するサラトガ。山が近くサンノゼより緑が多く、町は静かで落ち着きがある。高台の高級住宅街の中に日本庭園があり、シリコンバレーを一望することもできる。日本食レストランや、日系ビューティサロンもある。

 

ミルピタス

1954年の誕生時には総人口が825人しかいない農村地帯だったミルピタスは、今では人口6万9000人を抱える北カリフォルニアの主要な都市となった。シリコンバレーの一角を占め、コンピュータ関連のハイテク産業が盛ん。世界中から技術者が集まるこの町は、人口のおよそ半数はアジア系で、そのうちの半数がコンピューター関連会社に雇用されている。

 

 

サンノゼから南へ約26キロ、サンタクララ・カウンティーの南端に位置するギルロイは人口約5万人の町。にんにくの栽培が盛んなことから、毎年7月には「ギルロイ・ガーリックフェスティバル」が行われ、ガーリックアイスクリームなどのユニークなにんにく製品を楽しむことができる。また、市内にはアメリカンブランドを中心に世界のブランド約145店舗が集合した「ギルロイ・プレミアム・アウトレット」がある。

バークレー

アメリカでも知名度の高い町のひとつ。サンフランシスコからはベイブリッジを渡ってすぐのアラメダ郡北部に位置する。カリフォルニア大学バークレー校があるのもここ。60年代に生まれた反戦運動、ヒッピー発祥の地でもありアカデミックな人やアート系の人が多く住む。気候は年間を通じて穏やかで住みやすい。山側はバークレーヒルズと呼ばれ高級住宅地となるが、フリーウェイ沿いなど南側エリアによっては治安が良くない地域もある。また、日系人が経営しているスーパーもあるので日本食も容易に手に入る。

 

オークランド

大リーグ、オークランド・アスレチックスの本拠地があるオークランド。ベイブリッジを渡り南側に位置する町で、アフリカ系アメリカ人が多く住むエリア。ピードモント地区、オークランドヒルズなど高級住宅地もあるが、あまり一人歩きしない方が良いエリアも多いため、住居を決めるには地元に詳しい人に確認した方が良い。オークランド国際空港もある。

 

フリーモント

オークランドより880号線で南に約30分ほど、サンノゼから北に約30分ほどにあるアラメダ群南側の町。シリコンバレーに勤めている家族などが住む郊外の町といった感じで、近年、住宅の開発も進んでいるエリア。インド系、中国系の人口も他のエリアに比べると多い。ここまでをシリコンバレーと呼ぶことも多く、テスラ社の工場やIT関連の会社も多く存在する。

 

 

アラメダ

「アイランド・シティ」とのニックネームで親しまれるアラメダ市は、アラメダアイランドとベイ・ファームアイランドからなるイーストベイの市。西側にはサンフランシスコ湾が広がり、北にはバークレー市がある。ベイ・ファームアイランドはオークランド国際空港にもつながっているため便利。ロバート・W・クラウン・メモリアル・ステート・ビーチからは、たくさんのウインドサーファーやカイトサーファーたちを見ることができる。また、アラメダ海軍航空基地があることでも有名。

サクラメント

ゴールドラッシュによって生まれたカリフォルニア州の州都。日系人も多く、日系スーパーも比較的多い。特に最近ではラーメン専門店や日本食レストランも増え、日本人にとって住みやすい町の1つ。サクラメントの北東にあるローズビルは不動産高騰の影響で急速に成長し、さらにサクラメントから西に25キロほどの町デイビスには生態学及び進化学の分野で有名なUCデイビスがある。

 

フォルサム

サクラメントから東に20マイルほどいくと、フォルサムという街がある。ここは「鳳麟(純米大吟醸)」で有名なGEKKEIKAN SAKE(USA)の本社があり、アメリカでの生産販売によって日本酒と日本文化の素晴らしさを世界に広めている。また、市内にはFolsom City Zooや、Historical Museumなどがあり、観光都市としても有名。

Copyrigh©2016 Inter-Pacific Publications, Inc. All Right Reserved