目の前にあるチャンスに

一生懸命取り組む

Google LLC

Product Specialist

池田 綾香さん

●乗っている車:Mercedes-Benz GLA

●家:1BR 1BA

●家族:夫

1989年生まれ。東京都出身。聖心女子大学文学部で国際交流を専攻し、東南アジアの文化や首長族など少数民族の文化について研究。卒業後はGoogle Japanに入社し、2017年末に夫の転勤に伴いベイエリアに引っ越す。現在はGoogleの部署Google Fiberでプロダクトスペシャリストとして勤務。より良いプロダクトとサポートを提供するため、全米の同僚とビデオカンファレンスを行うなど活躍中。趣味はバッグやポーチ作りなどの裁縫。ノース・サンノゼ在住。

 

ベイエリアに住むことになったきっかけ

 2016年に結婚し、なんと結婚した1週間後に主人が転勤してしまったので、わたしも2年遅れではありましたが、ベイエリアについてきました。2年間の遠距離婚中は、3ヶ月に1度、2週間ほどの頻度で会っていました。当時は毎回新婚旅行のような気がして、とても楽しんでいました。アメリカに住むなど思ってもおらず、日本の文化と食事が大好きな私は全く持って気が進まなかったのですが、重い腰を上げて来てみると本当に毎日が楽しくて充実しています。

 

英語は得意?

 海外経験も留学経験も全くなかったので、外資系の会社に新卒で入社してから苦労することはありましたが、周りの人に助けてもらいながら過ごしてきました。アメリカに来てからは、上司、同僚、お客様とのコミュニケーションが全て英語で、最初のうちは1日が終わるごとに精神的にヘトヘトに疲れていました。会話の中に専門用語が入ってきたり、イディオムを使われたりするとわからないことが多かったです。人と話すのは好きなので、苦手意識をなるべく持たないで、果敢に話しかけています(笑)

 

英語力向上のための秘訣

 英語が第2言語、というのはデメリットでしかないと思っています。まず相手と同じフィールドに立つために、理解するまで相手に聞き返す、重要なことは自分の言葉に直して再度聞き返す、文法や細かいことは気にせず自分の意見を伝える、ということを意識しています。さらに、自分でしかできないような付加価値や意見を上乗せして提供したり話すようにしています。日本のサービス業のレベルの高さやおもてなし精神を経験して育ってきているので、きっと日本人や私にしかアドバイスできないことがあると思って、アイデアや感じたことがあれば必ずコミュニケーションを取るように心がけています。

 

ベイエリアに来て興味を持ったこと

 P2P(ピアツーピア)のシェアリングエコノミー。例えば、個人レンタカーのビジネスや民宿のビジネスなど。ここでは、個人間での売買や貸し借りができるプラットフォームが非常に浸透しています。我が家もP2Pのシェアリングカーのサービスを使って、車を2台貸し出しているのですが、ホスト側としてさまざまなゲストと触れ合うのはすごく楽しいです。奥様の誕生日ドライブにオープンカーを借りてくれた素敵な紳士、浜辺ドライブのために半日だけ借りてくれた映画監督、ロサンゼルスまでドライブ旅行をした大学生達。それぞれのストーリーにちょっとだけ参加できた気持ちになって、貸し出しをするたびに次のゲストと会うのが楽しみになります。ショッピングデートで我が家の車を借りた人が車上荒らしにあって、窓ガラスが破壊されて返却されたこともありましたが、それも一つの経験です(笑)。

 

2019年の展望

 私生活では、イエローストーンやコロラドスプリングスなど、アメリカの大自然を味わえる場所に行ってみたいです。また、今年初めて行ったキャンプがとても楽しかったので、暖かくなったらキャンプや釣りにも行きたいです。仕事では、今のチームにもっと貢献できるように、自らプロジェクトを立ち上げてリードすることを目標にしています。

 

今後のキャリアプラン

 シリコンバレーで新しい事業にチャレンジする友人の中には、明確なゴールや目標に向かってキャリアプランや人生プランを立てていく人が多いように感じます。私は正直その逆で、長期的な目標や明確な人生のマイルストーンというのが描けないでいました。ある上司に「それでもいいんだよ、人生の岐路は必然的に来るし、予想していないチャレンジも必ず降ってくる」と言われました。今の仕事に就いたのも、結婚してアメリカに移住したのも、確かに全て予想していなかったことだけれど、結果的にすごく今が楽しいです。人生これからも何が起こるかわからないので、今目の前にあるチャンスに、一生懸命取り組んでいきたいと思っています。

 

 

 

Copyrigh©2019 Inter-Pacific Publications, Inc. All Right Reserved

目の前にあるチャンスに

一生懸命取り組む

Google LLC

Product Specialist

池田 綾香さん

●乗っている車:Mercedes-Benz GLA

●家:1BR 1BA

●家族:夫

1989年生まれ。東京都出身。聖心女子大学文学部で国際交流を専攻し、東南アジアの文化や首長族など少数民族の文化について研究。卒業後はGoogle Japanに入社し、2017年末に夫の転勤に伴いベイエリアに引っ越す。現在はGoogleの部署Google Fiberでプロダクトスペシャリストとして勤務。より良いプロダクトとサポートを提供するため、全米の同僚とビデオカンファレンスを行うなど活躍中。趣味はバッグやポーチ作りなどの裁縫。ノース・サンノゼ在住。

 

ベイエリアに住むことになったきっかけ

 2016年に結婚し、なんと結婚した1週間後に主人が転勤してしまったので、わたしも2年遅れではありましたが、ベイエリアについてきました。2年間の遠距離婚中は、3ヶ月に1度、2週間ほどの頻度で会っていました。当時は毎回新婚旅行のような気がして、とても楽しんでいました。アメリカに住むなど思ってもおらず、日本の文化と食事が大好きな私は全く持って気が進まなかったのですが、重い腰を上げて来てみると本当に毎日が楽しくて充実しています。

 

英語は得意?

 海外経験も留学経験も全くなかったので、外資系の会社に新卒で入社してから苦労することはありましたが、周りの人に助けてもらいながら過ごしてきました。アメリカに来てからは、上司、同僚、お客様とのコミュニケーションが全て英語で、最初のうちは1日が終わるごとに精神的にヘトヘトに疲れていました。会話の中に専門用語が入ってきたり、イディオムを使われたりするとわからないことが多かったです。人と話すのは好きなので、苦手意識をなるべく持たないで、果敢に話しかけています(笑)

 

英語力向上のための秘訣

 英語が第2言語、というのはデメリットでしかないと思っています。まず相手と同じフィールドに立つために、理解するまで相手に聞き返す、重要なことは自分の言葉に直して再度聞き返す、文法や細かいことは気にせず自分の意見を伝える、ということを意識しています。さらに、自分でしかできないような付加価値や意見を上乗せして提供したり話すようにしています。日本のサービス業のレベルの高さやおもてなし精神を経験して育ってきているので、きっと日本人や私にしかアドバイスできないことがあると思って、アイデアや感じたことがあれば必ずコミュニケーションを取るように心がけています。

 

ベイエリアに来て興味を持ったこと

 P2P(ピアツーピア)のシェアリングエコノミー。例えば、個人レンタカーのビジネスや民宿のビジネスなど。ここでは、個人間での売買や貸し借りができるプラットフォームが非常に浸透しています。我が家もP2Pのシェアリングカーのサービスを使って、車を2台貸し出しているのですが、ホスト側としてさまざまなゲストと触れ合うのはすごく楽しいです。奥様の誕生日ドライブにオープンカーを借りてくれた素敵な紳士、浜辺ドライブのために半日だけ借りてくれた映画監督、ロサンゼルスまでドライブ旅行をした大学生達。それぞれのストーリーにちょっとだけ参加できた気持ちになって、貸し出しをするたびに次のゲストと会うのが楽しみになります。ショッピングデートで我が家の車を借りた人が車上荒らしにあって、窓ガラスが破壊されて返却されたこともありましたが、それも一つの経験です(笑)。

 

2019年の展望

 私生活では、イエローストーンやコロラドスプリングスなど、アメリカの大自然を味わえる場所に行ってみたいです。また、今年初めて行ったキャンプがとても楽しかったので、暖かくなったらキャンプや釣りにも行きたいです。仕事では、今のチームにもっと貢献できるように、自らプロジェクトを立ち上げてリードすることを目標にしています。

 

今後のキャリアプラン

 シリコンバレーで新しい事業にチャレンジする友人の中には、明確なゴールや目標に向かってキャリアプランや人生プランを立てていく人が多いように感じます。私は正直その逆で、長期的な目標や明確な人生のマイルストーンというのが描けないでいました。ある上司に「それでもいいんだよ、人生の岐路は必然的に来るし、予想していないチャレンジも必ず降ってくる」と言われました。今の仕事に就いたのも、結婚してアメリカに移住したのも、確かに全て予想していなかったことだけれど、結果的にすごく今が楽しいです。人生これからも何が起こるかわからないので、今目の前にあるチャンスに、一生懸命取り組んでいきたいと思っています。