Copyrigh©2018 Inter-Pacific Publications, Inc. All Right Reserved

Medical Care

医療

アメリカの医療のしくみ

アメリカの医療制度はとても複雑なので、いざという時に慌てないようその仕組みを簡単に理解しておくと便利。渡米後、医療保険に加入したら、内科や小児科、家庭科の医師リストからかかりつけのドクターを決めておく。自分の保険を使えるかどうか(ネットワーク所属の有無)は、保険会社のウェブサイトで確認。病気やケガの際にはまずかかりつけ医に相談するのが良いが、命にかかわるような状況、例えば激しい胸痛や頭痛、呼吸困難、麻痺、意識の混濁などでは直接、病院の救急部(ER)を受診する。救急車が必要なら911に電話。夜間や休日の緊急時には、予約のいらないUrgent Care(急病センター)がお勧め。

種類豊富な市販薬

 アメリカでは多くの種類の薬が市販されている(OTC)。夜間の突然の痛みや発熱に備え、アセトアミノフェンやイブプロフェンを手元に置いておく。薬局チェーンブランドのジェネリック薬だとお金を節約できる。体格や年齢に合わせて用量を調整する。どの薬が良いかわからない時は店員に遠慮せず質問しよう。市販薬を試して数日で症状の改善がなければ、かかりつけ医を受診。

 

ドクターのオフィスを受診するには予約が必要

 受診の際には保険証とcopay(サービス毎の一部自己負担金)の準備を忘れずに。初めてのオフィスではいくつかの書類の記入を求められるので、少し早めに訪れよう。紹介状などがあれば受付に提出。名前を呼ばれたら診察室へ。ナースの予診、血圧や体温の測定の後にドクターの診察。受診の理由、症状の説明のため、英語の得意でない人は予めメモを用意しておく。簡単な病気であれば、市販薬の内服などを勧められるが、検査や処方薬があればその説明がある。簡単な検査はオフィス内でできるが、X線検査や血液検査は一般に外の施設で行なわれる。検査のオーダー用紙をもらい該当の施設へ移動。予約が必要な検査かを確認する。オフィスを去る前に再診が必要なのか、電話で検査結果の説明があるのかを尋ねること。

 処方箋は市中の薬局へ持っていき、“Pharmacy”と表示のあるカウンターへ保険証と一緒に提出する。ここでもcopayの支払いあり。保険のない人は割引クーポンを活用しよう。飲み方や副作用について薬剤師に説明してもらう。薬を内服してもなかなか症状が改善しない、あるいは副作用が疑われる場合にはドクターに連絡して指示を仰ぐ。

 

施設ごとで別会計になる

 ドクターオフィスや病院、検査施設、薬局などの医療サービスはすべて別会計。Deductible(保険金支払い開始までの年間自己負担額)がある場合、後日それぞれの施設から請求書が送られてくる。同じ病院から複数の請求書が来ることも。保険会社からのEOB(給付説明書)を見て内容を確認したい。

 

定期的な検査を心がけよう

 アメリカに住んでいるとつい不健康な食生活に偏りがち。肉類、スナック、炭酸飲料などを控え、食物繊維やビタミンを多く摂り、定期的な運動を心掛けよう。年一回の健康診断を欠かさない。毎年のインフルエンザ予防接種の他、大人も百日咳ワクチンを忘れずに。

 

情報提供:こばやしクリニック

www.kobayashi-naika.com

 

Medical Care
Medical Care