海外だからこそ日本文化の

素晴らしさを理解してもらいたい

 

主婦

村上 明美さん

●家族:夫

●趣味:着付け、アイシングクッキー作り、料理、旅行、ホームパーティー

 

大阪市出身。Pernod Ricard、P&G、Toshibaなど多数の店舗巡回営業を経験。2018年3月より、月桂冠に勤める夫の赴任に伴い、カリフォルニア州に移住。山野流着装奥伝講師、日本サロネーゼ協会のアイシングクッキー講師。フォルサム市在住。

 

ベイエリアに住むことになったきっかけ

 ベイエリアというにはずいぶん田舎ですみません(笑)。月桂冠に勤める主人の赴任に伴って、去年3月にサクラメント近郊のフォルサムに来ました。上海に次いで2回目の海外生活になります。

 

仕事の経験について

今は仕事をしていませんが、日本にいた時は、スーパーの店舗を巡回して店長や担当者さんと交渉しながら売場の陳列を作ったり注文を取ったりする「ラウンダー」の仕事を20年以上してきました。陳列コンテストなどでは凄く燃えて(笑)、表彰されたこともあります。東京で一緒に表彰された友人は今LA在住。渡米してすぐ10年振りに再会した、アメリカで最初の大切な友人です。

 

休日の過ごし方

 家の近くは果樹園、田んぼ、シエラネバダの山々やきれいな川、森など、自然がいっぱいの場所なので、よく近隣のスポットを訪れています。お友達も増え、お家に呼ばれたり、ホームパーティーを主催したりと楽しんでいます。

 

趣味

 山野流着装(きそう)奥伝講師と日本サロネーゼ協会のアイシングクッキー講師の資格を持っていまして、上海でも十数人の生徒さん(大半は日本に興味ある中国人の女性たちでした!)に着物の着付けやアイシングクッキー作りを教えていました。着物のイベントもたくさんあって、5時間通しで100人の中国人の女性や子供たちに浴衣を着付けしたときは、さすがにクタクタになりました。今もサンフランシスコに出向いて不定期に着付教室を開催しています。

 

食生活について

 カリフォルニアは野菜やフルーツが豊富で、家でのご飯にもたくさん取り入れています。特によく使うのはブルーベリー。ナパで買ったブルーベリーバルサミコも合わせて我が家の定番サラダです。お料理作りは大好きで、先日も創作おせちにチャレンジしました! 私の両親の出身地、奈良県天川村の名物「くるび和え」はアメリカ人やイギリス人のお客様にもとっても好評でした。

 

日本ではしていたのに

アメリカではしなくなったこと

 高速道路の運転(笑)。まだ怖くてアメリカでは出来ていません。下道オンリーの運転です。日本では店舗巡回の営業でしたので、高速は何度も乗っていました。逆に日本でしていなかったのにアメリカでするようになったのは、ジム通い。田舎では歩く機会が激減していますから。

 

ベイエリアのお気に入りスポット

 定番で申し訳ないですが、「Hog Island Oyster」。生牡蠣のおいしさは、生まれて初めてここで知りました!

 

ずっとベイエリアに住みたい?

 今住んでいない(やや離れている)ので一度は住んでみたいです(笑)。主人はいつも「営業は田舎に引き篭もっていてはダメだ」と言っていますが、なかなかしがらみも多く難しいようです。

 

老後もベイエリアに住みたい?

 孫が2人大阪に住んでいますので、老後は大阪に帰りたいです(笑)。

 

いま一番チャレンジングなこと

 山野流着装北カリフォルニア支部を立ち上げるのが夢です。LAやNYCの先生たちとも連絡を取り合って交流しています。

 

2019年の展望

 海外にいるからこそ、日本文化の素晴らしさを多くの方に理解してもらいたいと心から思っています。2019年もまたたくさんの方と知り合いになって、そのような活動が出来ればいいな、と思っています。

 

 

Copyrigh©2019 Inter-Pacific Publications, Inc. All Right Reserved

海外だからこそ日本文化の

素晴らしさを理解してもらいたい

 

主婦

村上 明美さん

●家族:夫

●趣味:着付け、アイシングクッキー作り、料理、旅行、ホームパーティー

 

大阪市出身。Pernod Ricard、P&G、Toshibaなど多数の店舗巡回営業を経験。2018年3月より、月桂冠に勤める夫の赴任に伴い、カリフォルニア州に移住。山野流着装奥伝講師、日本サロネーゼ協会のアイシングクッキー講師。フォルサム市在住。

 

ベイエリアに住むことになったきっかけ

 ベイエリアというにはずいぶん田舎ですみません(笑)。月桂冠に勤める主人の赴任に伴って、去年3月にサクラメント近郊のフォルサムに来ました。上海に次いで2回目の海外生活になります。

 

仕事の経験について

今は仕事をしていませんが、日本にいた時は、スーパーの店舗を巡回して店長や担当者さんと交渉しながら売場の陳列を作ったり注文を取ったりする「ラウンダー」の仕事を20年以上してきました。陳列コンテストなどでは凄く燃えて(笑)、表彰されたこともあります。東京で一緒に表彰された友人は今LA在住。渡米してすぐ10年振りに再会した、アメリカで最初の大切な友人です。

 

休日の過ごし方

 家の近くは果樹園、田んぼ、シエラネバダの山々やきれいな川、森など、自然がいっぱいの場所なので、よく近隣のスポットを訪れています。お友達も増え、お家に呼ばれたり、ホームパーティーを主催したりと楽しんでいます。

 

趣味

 山野流着装(きそう)奥伝講師と日本サロネーゼ協会のアイシングクッキー講師の資格を持っていまして、上海でも十数人の生徒さん(大半は日本に興味ある中国人の女性たちでした!)に着物の着付けやアイシングクッキー作りを教えていました。着物のイベントもたくさんあって、5時間通しで100人の中国人の女性や子供たちに浴衣を着付けしたときは、さすがにクタクタになりました。今もサンフランシスコに出向いて不定期に着付教室を開催しています。

 

食生活について

 カリフォルニアは野菜やフルーツが豊富で、家でのご飯にもたくさん取り入れています。特によく使うのはブルーベリー。ナパで買ったブルーベリーバルサミコも合わせて我が家の定番サラダです。お料理作りは大好きで、先日も創作おせちにチャレンジしました! 私の両親の出身地、奈良県天川村の名物「くるび和え」はアメリカ人やイギリス人のお客様にもとっても好評でした。

 

日本ではしていたのに

アメリカではしなくなったこと

 高速道路の運転(笑)。まだ怖くてアメリカでは出来ていません。下道オンリーの運転です。日本では店舗巡回の営業でしたので、高速は何度も乗っていました。逆に日本でしていなかったのにアメリカでするようになったのは、ジム通い。田舎では歩く機会が激減していますから。

 

ベイエリアのお気に入りスポット

 定番で申し訳ないですが、「Hog Island Oyster」。生牡蠣のおいしさは、生まれて初めてここで知りました!

 

ずっとベイエリアに住みたい?

 今住んでいない(やや離れている)ので一度は住んでみたいです(笑)。主人はいつも「営業は田舎に引き篭もっていてはダメだ」と言っていますが、なかなかしがらみも多く難しいようです。

 

老後もベイエリアに住みたい?

 孫が2人大阪に住んでいますので、老後は大阪に帰りたいです(笑)。

 

いま一番チャレンジングなこと

 山野流着装北カリフォルニア支部を立ち上げるのが夢です。LAやNYCの先生たちとも連絡を取り合って交流しています。

 

2019年の展望

 海外にいるからこそ、日本文化の素晴らしさを多くの方に理解してもらいたいと心から思っています。2019年もまたたくさんの方と知り合いになって、そのような活動が出来ればいいな、と思っています。